79

冬空と別れた俺は、道を渡り青葉の家のチャイムを鳴らした。

青葉が出て、勝手に上がるように言うから、頰をパンパン両手で叩いてから階段を上がった。

コンコンとノックすると、いつもと変わらないのんびりした声。

それでも俺は流石に気づいていた。

青葉が

緊張してることに。

「入るぞ~」

中に入ると、青葉はベッドで教科書を見ていた。

「中間勉強…もう始めてんの?」

俺は勉強机の方の椅子に腰を下ろした。

「ん~…あぁ…まぁな。」

「……昨日さ…」

「うん」

「春子さんがさ…」

「うん」

いい加減な返事に唇を噛んだ。

黙って俯いてしまう。

ギシッと音がして、青葉が起き上がったのが分かった。

上目遣いに恐る恐る青葉に目をやると、青葉は苦笑いしながら俺を見た。

「悪りぃ…意地悪した。」

「いや…い、いいんだ…」

「春子さんから連絡あったよ…秋空そっちに行ってないかって」

「あぁ…うん…」

「昨日は俺も秋空が怒るの分かって焚き付けたし…お詫びみたいなもん…白川んとこに居たんだろ?」

「……うん」

「…秋空……白川が…好きか?」

俺は俯いてから、息を吐き、青葉を見つめた。

「好きだ…冬空が…好きだ」

青葉は肩を竦めて、ドサッと上半身をベッドに倒した。

「男なんか興味なかったくせに…とんだ横槍が入ったもんだぜ…」

「青葉…俺、ちゃんと考えてきた。おまえの気持ちとか、最初こそ分かんなかったけど…だんだん分かるっていうか、ちゃんとしなきゃって思ってて…俺っ…青葉が好きなのは本当だよ!凄く大事で、大切で、失くしたくない。でも、それは…青葉が思ってる好きと、少し違ってて…家族っていうか、親友で、幼馴染みで、兄弟みたいな…恋人より…多分ずっと深いところで…おまえが好きなんだと思う。」

青葉は顔の前で腕をクロスにして黙っていた。

椅子から立ち上がった俺は、ゆっくり青葉に歩み寄る。

「青葉…泣いてるのか?」

ベッドに手をついて青葉を覗き込む。

そうしたら、青葉はグイッと俺の腰を抱き寄せた。

俺が乗り上げる形で目が合う。

「秋空…」

「青葉…ダメだって…」

「…あぁ…これだけバッサリ振られたら、いい加減諦めないとカッコ悪いよな…」

青葉の言葉にズキンと胸が痛む。

「キスしよ…これが最後だ。俺と秋空は…ちゃんと幼馴染みに……戻る」

「……俺からは…しないよ」

真っ直ぐ青葉を見つめると、苦笑いした青葉は俺の頰を包み囁いた。

「…大好きだ…秋空…ごめん…ごめんな…」

そう言って、唇が微かに触れるだけのキスをした。

俺はどうしてだか泣いてしまい、青葉に抱きしめられ、わんわん泣いた。

青葉はそんな俺を

ただ黙って腕の中で

甘やかした。

投稿者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です