13

相葉さんは自分の身体に巻きついた俺の腕にそっと触れる。

キュッと引き寄せられ、腕に相葉さんの冷たい唇が触れた。

俺は胸がギュウッと苦しくなって、相葉さんに更に強く抱きついた。首筋に顔を埋める。

『駄目だよ…身体に障るから…さぁ…布団へ』

「…一緒に…」

『ん?』

「一緒に…横になってくれませんか…側に居て欲しいんです。」

彼は振り返って、俺の浴衣の襟をゆっくり直した。

心の中では…

浴衣を解かれる事を

期待していたんだ。

俺は…どうかしてるのかな…

でも、好きな人と触れ合いたいと思う事は…

自然なことだよね…。

俺は俯いたまま渇いた喉に唾が流れるのを感じていた。

頰に長い指が触れて、相葉さんがゆっくり俺を上向かせる。

細めた瞳が俺を捕らえて…

唇が近づいて…

触れると、舌先が差し込まれ…

しっとり俺の舌に絡みついてくる。

そのまま身体を布団の上に倒され、相葉さんが覆い被さった状態で口づけが続いた。

離れた唇が囁く。

『和くん…俺はそんなに出来た男じゃないからね…』

その言葉が何を意味しているかは分かっていた。

だから俺は

ゆっくり頷いて、見下ろしてくる相葉さんの首に腕を伸ばして引き寄せたんだ。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です