15

バス停に向かって2人で歩いた。

カエルの合唱と、チラチラ光る蛍の光。

暗闇にポツリポツリと灯る街灯。

「もう、バス来ないよ?」

『いや…今日はね、あと一本くるらしい。確かめたから大丈夫。バスが来るまで一緒にいるから…心配ないよ』

相葉さんはクシャっと目尻に皺を寄せる。

朝と学校終わりに一本あるだけのバス停。

もうとっくに…バスは行ってしまってる。

もう一本来る事なんて…正直あるとは思えなかった。

相葉さんと居られるなら…構わない。

そう思うと黙りこんでいた。

バス停に着いて、酷くボロい長椅子に座る。

「相葉さん…明日も…会える?」

『クフフ…もちろんだよ。和くんが望むなら、俺はここに居ようじゃないか。…待ってるから。』

相葉さんが微笑んだら、バスらしき大型車のハイビームが俺を照らし付けた。

まさか…本当にバスが…

ヘッドライトに驚いて気をとられた俺は慌てて彼を振り返る。

「相葉さ………」

プシューっとバスの扉が開く音がする。

続いて運転手が帽子のツバを摘みながら俺を覗き込んだ。

「乗らないのか?!」

「あっ!乗ります!」

慌ててステップを駆け上がる。

すぐ振り返って閉まる扉の向こう…バス停を見た。

そこは無人。

バスのポールに掴まって揺れる体を正しながら辺りを見渡した。

暗闇には誰も歩いて居ない。

相葉さん…

貴方は……

俺を抱いたんだ…

居ないはずがない。

居ないはずが無いんだよ…。

生きてる…よね?

俺はだらし無く歩みを進めて椅子に鉛の身体を座らせた。

鞄から出した携帯。

時間は……

「う…そだ…」

俺は口を手で覆った。

「そ…んなはず…」

ジワジワと何故か涙が込み上げてくる。

それを一旦必死に堪えた。

「すみません…今…何時ですか?」

運転手の所までフラフラ歩いてポールをキツく握りしめた。

「今?そこに時計が出てるだろ?いつも通り2本目の時間だよ。まぁ、今日はちょっとだけ遅れてるけどなぁ。10分程だ。許してくれよ?」

運転手は…俺が時間通りに来なかった事を咎めていると…

勘違いしていた。

時間は…あの夕方から…10分も…経っていない事になる。

俺が相葉さんに…告白した時間から…。

これは彼が言った…3本目のバスじゃない…。

手に持った鞄がドサッと音を立てて落ちた。

俺はバスの中でうずくまり…静かに涙を流した。

彼は…

彼は……。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です