16

バスを降りて…フラフラと歩いた。

家までの数分が目眩がする程に遠い。

俯いて前さえ見えてなかった。

ドンっと額から人らしきモノにぶつかって尻もちをついた。

「いってぇ…」

『よぉ…大丈夫かよ…聞いた通りじゃん』

俺は額に手を当てて聞き慣れた声に顔を上げた。

声の主は手を差し伸べてる。

「潤くん…」

『ホラ、立てよ』

グイっと引っ張りあげられて立ち上がった。

そこはもう、俺と潤くんの家の前の道。

潤くんは整った顔を歪めて俺を睨んだ。

「ありがと…こんな時間に家の前で何してんの?」

俺はケツを叩きながら潤くんの鋭い視線から逃げた。

『翔さんに頼まれたんだよ…おまえ…最近様子が変だって…』

ピタっと動きを止めて潤くんを見た。

「様子が変?何言ってんのかな、あの人…俺は」

『いいから来いよ』

「わっ!ちょっ!潤くん!」

潤くんはなかなか乱暴な勢いで俺の手を引いた。

俺の家の向かいにある潤くんの家に連れ込まれる。

二階へ上がり、潤くんの部屋に押し込まれた。

「なんだよ!!俺は変なんかじゃないってば!」

『鏡!見ろよ!何だよそのドロドロの服!顔だってススまみれじゃねぇかよ!あと、目の下のクマ!!』

部屋にある姿見に写った自分に驚かなかったわけじゃない。

制服はあちこち蜘蛛の巣が掛かっていて埃まみれだった。

顔に至っては…悲惨なくらい目の下が真っ黒になってクマが出来てる。

「潤くん…」

姿見を見るように促した潤くんは後ろから俺の肩に手を置いて…鏡越しに話かけて来る。

『痩せたよ…おまえ。ただでさえガリガリなのに…』

「…」

気づいたら…涙が流れていた。

『話して…何があったか。いいよな?…あぁ…その前に、風呂入って来いよ。』

今日は親は居ないと言って、俺を一階にある風呂場へ押し込んだ。

小さな頃から…泥遊びした後なんかは良くこのお風呂に入ったっけ…

俺は静かにシャツを脱いだ。

洗面台の鏡に映る上半身

俺は…どれくらいの夢を見てるの?

相葉さん

相葉さん

この紅い痣は…

俺を抱いた証拠でしょ?

相葉さん

ねぇ…

相葉さん…

「ゔぅ…ぅ…」

カタンと扉の向こうで音がする。

『ニノ…大丈夫か?』

潤くんの優しい…俺を心配する声は…

俺をもっと…もっと泣かせた。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です