38

眩しい朝の光が射し込む保健室は明るかった。

不安な気持ちが掻き消されるようなその室内に、愛しい声が響いた。

『おはよう二宮。』

「…おはよう…ございます。」

デスクの椅子に座った相葉先生が俺を見つめた。

俺はゆっくり近づいて、先生の膝の前で立ち止まる。

「ネクタイを…」

『あぁ…』

屈んで顔を近づける俺の首に、白衣のポケットから出したネクタイを掛ける。

俺は先生の頰を挟んで、ゆっくりキスをした。

触れただけのキス。

目を開くと、不安に揺れる黒い瞳が視線を逸らす。

「結んでください…ネクタイ」

『…随分厚かましいんだな』

「遠慮してたら…逃げられそうだもん」

相葉先生は困った顔をしてネクタイを結ぶ。

『…結んだら…んぅっ!!…っん!…二宮っ!』

俺は相葉先生の唇をしっかり奪った。

さっきみたいに触れるようなだけのキスじゃない。しっかり舌を差し込んだディープなヤツだ。

慌てる相葉先生に次の言葉なんて言わせなかった。

「お願いだから…お願いだから帰れとか言わないでっ!!」

相葉先生は怒鳴る俺にビックリした様子だった。

先生とゆっくり視線を交わす。

「好き…大好きです。」

『二宮…俺はもう…』

「生徒は信じない?俺はその子じゃないよ…ねぇ…俺を見て…好きです。先生…俺を…拒まないで」

相葉先生は俯いた。

『おまえは悪くない…おまえは…こっち側じゃなかっただけだ』

俺は相葉先生に抱きついた。

「分かったんだ…先生…俺は…確かにこっち側じゃない…多分ね…それで正解。だって…俺はちゃんと先生を…愛してるよ」

相葉先生がグゥッと俺の胸元を押した。

それから、サラサラの髪を揺らしながらギュッと目を瞑り頭を左右に振った。

『愛してるなんて…クソガキが言ってんじゃねぇよ…おまえは……やっぱり分かってなんかない』

重く絞り出すように呟く言葉は…

俺には聞こえない。

愛しい相葉先生

俺を見て。

こんなに

あなたが好きなんだ。

ギュッと相葉先生の首に手を掛けた。先生の首に、自分の指が食い込んでいくのが分かる。

「ちゃんと…俺を見て…ちゃんと先生の事!愛すからっ!ちゃんとっ!ねぇっ!」

『にっ!の…みやっ…』

首を絞められた先生は掠れる声で、俺の名を呼んだ。

俺はゆっくり首に回した手を解く。

『ゲホッ!ゲホッ!…』

先生が首を押さえながらむせかえる。

「苦しかった?ごめんなさい…ごめんなさい…先生…大丈夫?」

肩に手を掛けると、振り払われた。

『もうっ…俺に構うな」

「わかんない人だなぁ…俺はこっち側じゃない。あんたの遊びに付き合う側じゃない。…俺はちゃんと…先生が好きなんだよ」

先生は俺を睨み付けた。

「そんな目で睨んだってダメだよ。分かってて…俺に手を出したんでしょ?次は間違わないように…先生は慎重だった…先生は」

『やめろっ!!…やめてくれ…俺は…そんなに…強くない』

先生の本音がポロリ…

先生が俺を避ける理由。

教えてあげなくちゃ。

「先生…」

俺はサラサラの髪を撫でながら、椅子に座る相葉先生の頭を屈んで抱き寄せた。

甘い香りが…制服に移る。

「あなたは…俺が好きだよ。」

『二宮…俺の為に…おまえを犠牲に出来ない。…俺は…おまえが怖い…』

俺は初めて…色を見た。

むせかえる程の色彩が飛び散って…

俺を飲み込む。

もう…手遅れだ。

俺なんて、犠牲にすれば良い。

先生が大好きだよ。

相葉先生…

あなたは…無意識に俺を選んで

それは多分

成功したんだよ。

こっち側…つまり快楽だけを求め合う仲間。

そうならどんなに先生は楽だったかな。

そうだったら、あなたはとっくに…俺の相手なんかしなくなってる。

俺は…初めからあなたに選ばれたこっち側とは、逆の人間。

あなたが選んだんだよ。

あなたが…俺を好きになったんだ。

相葉先生は

俺の事が

好きなんだよ。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です