39

一限開始のチャイムが鳴り響く。

『こんなところで….サボってちゃ…』

「先生が約束してくれたら….戻ります」

相葉先生は肩を竦め、

『約束?』

と、訝しげに眉をひそめた。

「俺を…拒まないで」

『二宮…』

「ずっと困った顔…。」

『困らせてる自覚はあるんだな…』

「ふふ…ないよ…だって、こうしてる今も…相葉先生は俺が好きなんだから…」

相葉先生はジッと俺を見て、ニヤリと笑った。

『随分な自信だ。俺は…おまえを好きじゃないよ?…二宮…好きじゃない』

先生の言葉に項垂れて、膝を突く。

そのまま彼のベルトに手をかけた。

「酷い言葉で…俺を傷つけるの?…子供っぽいね…。だけど…それも好きだよ。全部好き…全部だよ…」

『やめろ』

「やめないよ」

『二宮っ!いい加減に』

「先生だろっ!!いい加減にしないといけないのは……先生の方だ。」

相葉先生は大きな溜息をついた。

そのまま、足を軽く開いて、諦めたようにベルトを自ら緩め、俺の後頭部に手を掛け引き寄せた。

俺は、目の前に突き出された熱に躊躇なく舌を這わす。

先生の熱い吐息が、甘い香りの中に溶ける。

クチュ クチュッと音を立てながら、先生を見上げた。

目を細めて、俺の頬を撫でる。

口内の相葉先生の熱はピクンと反応して、より膨らみを増す。

『おまえなんて好きじゃない…俺はこんな事を…平気でさせるんだぞ…おまえは…大人しくこっち側に…』

俺は先生の言葉を無視し続けた。

頭を上下に揺さぶり、唇をすぼめながら強弱をつける。

『ハァッ…くっ…にの…みやっ…』

先生がグッと頭を押さえ込んで来たかと思うと、口の中でドロッと白濁が溢れる。

ゴクンと飲み込んだ先生の快楽を得た証。

俺は…それだけで勃起した自分がイキそうになっていた。

荒く乱れた息を整えながら、衣服を正す先生。

そのまま…跪く俺の頭を抱きしめた。

耳元で

『これ以上…俺をおかしくさせるな』

そう呟くと、頭を抱えるようにうずくまった。

俺は跪いたまま…先生を見上げて小さく

小さく…

「嫌だよ」と…呟いた。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

2 Comments

  1. 『これ以上…俺をおかしくさせるな』

    (*´Д`*)はあぁ
    たまんないす‥

    小さく「嫌だよ」てにのちゃん
    たまんないす‥

    画像のセレクトも
    たまんないす‥

    お茄子
    1. うわぁ(*≧艸≦)コメントっ!!
      なんか、私より使いこなして頂いてありがとう!!
      嬉しい〜!!
      ニノちゃんも先生も良い感じですよねぇ♡♡

      ninon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です