45

泣かないで…

悲しまないで…

思い出さないで。

俺は

それを許せないから。

確か…流行ってたあの曲のタイトルは…

gimmick。

意味は確か…

仕掛け…策略…いんちき?だったかな…

相葉先生に…ぴったりだね。

俺、あの歌好きなんだ。

だけど…酷く悲しい失恋の歌。

先生は、俺に対して仕掛けも策略も甘かったんじゃない?

それはいんちきだったからじゃない?

ミイラ取りがミイラになっちゃった?

俺をこっち側にしようとしたのに…

惚れちゃうなんて、素敵な迷いが…

俺を狂わせる所まで…

計画出来なかったんでしょ?

先生は素敵過ぎた。

だから、俺は…途中まで…この流行の歌の様に…幸せだ。

最後には別れてしまう歌だから…出来る事なら…

そうならないように。

出来る事なら…このまま

幸せな二人で居ようよ。

気に入ってるんだけど…

歌の通りはどうにも癪だから。

相葉先生に馬乗りになり、首に手を掛ける。

黒いシーツはまるで棺桶みたいだった。

「先生…大好きなんだ…」

気絶していた相葉先生の瞼が痙攣して、定まらない視界を捉えるように、眉間に皺を寄せた。

そして、ゆっくり首に掛かった俺の手首を撫でるように触って、クシャッと目尻に皺を作ると…

笑った。

『疲れたよ…おまえは俺を、助けて…くれるんだな』

その呟きに…

身体中の血液がたぎって、吐き気に襲われる。

俺以外に意識を持って行かれていた事実。

俺以外に苦しめられていた事実。

俺以外になんてっ!許さないよ!

ギュッと首を絞める手に力を込めた。

馬乗りになったままカタカタと手が震える。

先生がヒューッと息を吐いて、俺の頬を挟んだ。苦しむ顔が近づいて…引き寄せられ、口づけをくれる。

涙がボロボロ溢れて…首を絞める手を…解いた。

『ゴホっ!ゴホっ!ゴホっ!…ハァ…ハァ…ゴホっ…』

「嫌だっ!!嫌だよっ!!先生っ…うっ…ぅうっ!…くっ…」

後頭部を引き寄せられ、抱きしめられる。

『殺そうとしたり…生かそうとしたり…おまえは忙しいな…』

「先生っ…」

『俺は…多分、おまえになら…どうされても構わないと思ったんだよ。殺したいくらい…好きなら…俺は幸せだな。俺を…殺す?』

俺は、大泣きしながら首を左右に振った。

「違っ….ちが….う」

『俺を…どうしたい?』

あぁ…俺ってやっぱり子供で、先生は…ちゃんと大人だったんだ。

「生き…て…俺とっ…俺と生きてっ!!ぅゔっ…うっ」

『くふふ…悪くないな。』

相葉先生は俺をキツく抱きしめた。

殺したい

殺したくない

生きたい

生きたくない

先生を前に

俺は、泣き崩れる。

息をして、動くあなたが大好きで仕方ない。

あなたが誰か他の人を思い出しても…

その長くて綺麗な指先が動いていて欲しい。

鼻にかかった声で、俺を呼んで欲しい。

片方だけ上がる口角で微笑み、その唇で、キスが欲しい。

生きて…

俺をどうか、今みたいに…

ずっと…ずっと…

今みたいに

抱きしめてください。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です