62

暫くしてからだ。

放心状態の俺の携帯が鳴った。

相手はもちろん松本さん。

「もしもし?」

(相葉くん…潰れて寝ちゃったわ)

「…うん…見てた。」

(じゃあ、俺の告白も?)

「…それは…知らない」

(冷たっ!)

「全部…消えちゃった」

(ったりまえだ!…何の為に相葉くんちに乗り込んだと思ってんだよ)

「どうすんの?そのガラクタ」

(…会えなくなるし、ニノの家に付けようか?)

「馬鹿な事言わないでよ。」

(………俺んとこ…本当に来ない?)

「潤…」

(なぁ~んてな!この盗聴器やらカメラ、捨てるぞ。いいな?)

おどける松本さんが嫌で黙っていた。

(…何だよ、ノリ悪いな。)

「捨てて良い。…俺の事も…捨ててね」

(…きっつ…)

「潤…ありがとう」

(ハハ…変な感じだ。…じゃあ…)

「潤っ!!」

返事がない。

黙ったままの松本さん。

俺は小さく呟いた。

「好きだよ。相葉さんより…早く出会ったら…俺たち…両想いだったかな?……ねぇ…何か…言ってよ」

(………じゃぁーなっ。)

電話が切れた音が

耳を痛くした。

ギュッと胸に抱いた携帯。

俺の罪は

松本さんが消し去った。

呆気なく…あまりにも、呆気なく。

だから俺は…相葉さんの家の鍵を持って、外へ飛び出していた。

走って走って走って、少し離れた陸橋の上まで来た。

流れる深い暗闇の河が眼下に広がる。

ブラックホールなんて、見た事ないけど…

多分この真っ暗な河が流れによって白波を立てる感じは、ソレと似ているんじゃないかと思った。

走ったせいで息が切れていたけど、勢いのままに橋に手をかけ身を乗り出す。

少年の頃習っていた野球を思い出す。

振りかぶって…

真っ直ぐ前に放り投げた。

河が大き過ぎて、辺りが暗過ぎて、本当にブラックホールに吸い込まれたみたいに…

相葉さんちの鍵は

手の平にはもうなかった。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です