63

翌朝のゴミの日、俺は最後の悪事を消し去る覚悟を決めた。

相葉さんの家から持ち出したネクタイだ。

彼のお気に入りに違いないこのネクタイを…

持っている訳にはいかないんだ。

それでも、俺はまだ少し諦めきれずに、その薄いグリーンのネクタイを頰に寄せた。

ほんの少し残る相葉さんの香水の香りにうっとり目を閉じて、やっぱり持っていたいな…なんて考えてしまう。

俯いて頭を左右に小さく振って、黒いごみ袋にソレを投げ込んだ。

急いで袋の口を縛って視界からその存在を追いやる。

ストレスだろう小さな苛立ちに、親指の爪をギリギリと噛んでしまう。

ガチ ガチっと歯が爪を擦る。

「っ痛……はぁ…何やってんだよ俺」

また裂けてしまった傷を見て、松本さんの気分悪い”じゃぁーな”が浮かんだ。

本物の相葉さんが手に入った。

まさかの事態だし、夢にまで見た妄想が叶った瞬間でもある。

なのに…

不安で仕方ない。

動かない間接的な相葉さんは、俺から逃げる事はなく、俺の思うがまま。

そう、このネクタイみたいにだ。

でも、生身の相葉さんはきっと気持ちが揺れて、いつか俺の側から居なくなる。

そんな喪失感を味わう自分を想像しては身震いした。

そうならない様に慎重に…

そうならない様に…

なんて無駄な策を考える。

相葉さんは…

いつまで俺を好きだろうか。

相葉さんが居なくなるなんて考えられない。

俺は血の滲んだ爪を舐めて、ゴミ袋を握った。

ゴミの収集場に縛ったゴミ袋を放り投げる。

あぁ…あの中に…あんなに愛しいあなたの欠片が混ざってる…。

俺は取り戻しそうになった自分の手首を掴んだ。

「ダメだろっ!…ダメなんだよ…」

松本さんの顔が何度だって浮かんだ。

俺を散々好きと言って、俺を甘やかして、簡単に身を引いた松本さんが。

どうやら俺にも、罪悪感はあるらしい。

彼が俺に言った最後の言葉。

(………じゃぁーなっ。)

それはどんな気持ちで…

俺に呟いたんだろうと思うと、やっぱり俺はまともになって、相葉さんと向き合うのが正しい気がした。

ゴミ袋の中の相葉さんの欠片を見つめる。

途中、近所のおばさんに体当たりされ体がよろめいた。

「あら、ごめんなさいっ!ずっと立ってらっしゃるから!」

俺は小さく会釈して、遠慮がちにゴミステーションを離れた。

背後で、体当たりしたおばさんと、その仲間のおばさんがコソコソと陰口を叩く。

「気味が悪いったらないわぁ~、ゴミ袋ジーッと見ちゃって!ねぇ…」

「いやだわぁ、うちのゴミ袋漁られないかしら?」

「ヤダァッ!アハハッ!それならうちも気を付けなきゃっ!」

黙っていたら良いのに…

我慢出来なくて

振り返って微笑んだ。

「すみません、小汚いクソババアのゴミ袋を漁る趣味は僕にはありませんから。ご安心を」

「まぁっ!!!」

俺は一歩、また一歩とその場を離れた。

後ろで…

騒がしく荒れる主婦を気にも止めず。

俺の日常を邪魔して良いのは

相葉さんだけなんだよ?

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です