66

相葉さんの腕を振り払ってホームに来ていた電車に乗り込んだ。

プシューっと音を立てて扉が閉まるのと、相葉さんが扉に拳を叩きつけるのは同じタイミングで、ホームに居た駅員が警笛を鳴らして相葉さんを車体から引き剥がした。

俺は、また俯いて自分の見慣れた爪先を眺める。

会社を通り過ぎる電車に乗って、脱力しながら席に腰を下ろした。

両手で顔を覆って、ジッとしてられず頭を掻きむしる。

周りから見れば危ない奴に違いない。

呻き声にも似た怒りや悲しみ、やるせなさが身体中を這いずり回って、今にものたうち回りそうだった。

吐き気がする。

これで、会社もクビ。

これで、相葉さんとも振り出しに戻った。

お互いの存在さえ知らなかった、あの頃に。

スーツのポケットで携帯が揺れ続けている。

相手は相葉さん。

みるみる間に着信やメッセージが増えていく。

窓からはもう虹が見えない。

強く冷たい雨が、号泣するように窓ガラスを濡らした。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です