3

翌朝、良く眠れないままベッドから起き上がった。

朝飯の匂いに釣られてダイニングテーブルにつく。

キヨさんが朝から豪華な和食を用意してくれるのはいつもの事で、俺は目を擦りながらハッと気づいた。

いつもは俺の分だけが並ぶテーブルにもう一人分の朝食が湯気を立てている。

なのに、キヨさんはそれを下げ始めた。

『ちょっと!キヨさん?何で?アイツは?』

キヨさんは苦笑いして首を左右に振った。

それから、寂しそうに

「要りませんとだけ申し付けて、随分早くに出て行かれました。…学校は今日はお休みだし…バイトなどには早い時間ですよねぇ?」

アイツっ!キヨさんには心配かけんなっつったのに!

『あぁ…友達と約束?集まりとかじゃないかな?キヨさん、あんまり気にしないで。アイツの生活リズムもその内分かるはずだから』

「はい。お気遣いありがとうございます、坊ちゃん」

『いや、こっちの事情でキヨさんには迷惑かけるよ…悪いね。』

「坊ちゃんも大きくなられましたね…キヨは嬉しいです。」

『ふふ、キヨさんのおかげだよ。』

俺がずっと…寂しくないように頑張って来てくれたんだ…あんなろくでもない親父のせいで…周りはみんな不孝になって…

『御馳走様でした。じゃ、行ってきます』

俺はバイトへ行く準備を済ませ、家を出た。

だだっ広い豪邸に、キヨさんとたった二人だった。

ずっと。

だから、アイツが母一人子一人だったんだとしたら…少しくらい気持ちが分からない訳じゃないんだよ…。

大学で友達を沢山作る為、金持ちだという事を伏せている。

学校にも電車で通うし、バイトだって普通にしてる。

いつか親父の会社を継がないとならないと分かっていても…今の俺は、自由でいたい。

なるだけ親父と違う世界に居たかったからだ。

確か、アイツ…今年の春から俺と同じ大学だって親父が言ってたな。

休みがあけたら、大学ですれ違ったりするんだろうか…

てか…アイツあんなんで友達居るのかな…

昨日の雨はすっかり上がっていたけど

強く冷たい風が吹いていた。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です