63

「相葉くん、俺はね、キミが好きだよ。例えば…どんなに借金まみれでも、俺、キミと居たいと思ってる。正直、どうしてここまで思うのか自分でも分からないよ。でも!だから、運命の番いなんだろ?俺達。…もう…俺以外と身体を重ねたりしないで。俺さ、もうそんなに弱くないよ?下界に降りるダイブだって慣れたし!片翼違いのボスに揶揄われるのにも慣れた!シャンティなんて怖くないよ?働いて返せるよ!二人なら出来る気がするんだ!相葉くんがいっつもポジティブだから、移ったのかも!何とかなるようにしか思えないもん!」

『ニノ…』

「相葉くん…大丈夫。俺はキミを裏切らない。俺はずっとキミの味方だよ…キミはさ…キミはそうじゃないの?」

相葉くんが椅子から立ち上がり、向かい合う。

『俺は…俺はっ…ぅ…ニノの…側に居たいっ…ずっと…俺もっ…あなたの味方で居る…好きです。ニノが…ぅゔっ…好きですっ…』

「…ふふ…大っきいくせに泣くなよぉ…相葉くんは本当…泣き虫だなぁ…俺も…キミが好きだよ。…大好きだ。だから、心配いらないよ」

背の高い彼の首に腕をまわし、少し背伸びして唇を塞いだ。

体温の高い…温かい、太陽みたいな人。

彼を苦しませる全てを、俺だって許せないんだよ。

相葉くんにベッドへ押し倒されて、抱きしめ合う。

絡むように身体が求め合う。

愛しい、俺の運命の番い。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です