4

陽がすっかり沈んだ頃だった。

バスのヘッドライトがハイビームでバス停を直撃する。

一瞬強く目を瞑って眩しさから逃れた。

ゆっくり瞼を開いて隣に目やる。

隣に居たはずの彼の姿はどこにもなかった。

プシューっとバスの扉が開く音がする。

俺は茫然と立ち尽くしてしまう。

バスの運転手が声を張り上げた。

「おいっ!乗らないのか?」

ビクっと肩が跳ねて慌ててバスのステップを駆け上がった。

後ろで扉が開いた時と同じ音でプシューっと閉まる。

俺はクルっと勢いよく振り返ってバス停を見たけど…

やっぱりそこには誰も居なかった。

バスを待ってたんじゃないのかな…とか

誰かの車に乗ったのかな?とか

気にならないわけなかった。

正直…

一瞬で消えた…

それが正しい気がしたからだ。

いや…まさかな…

俺、疲れたのか、じゃなきゃ熱中症とかで…

バスの背もたれにバカらしくなって倒れこんだ。

どうしょうもない暑さは

いつのまにかこの記憶を薄れさせた。

だけど、おかしな事に、俺は何故だか翌日もバスで帰る事に決めていた。

何かを期待していたたわけじゃないと思う。

多分…

まだまだ明るい夕方、図書室で借りた夏目漱石を鞄にしまった。

担いだ鞄 、白いカッターシャツに黒のスラックス、足元はローファーというありふれた制服姿の俺は、下校前に廊下にある大きな姿見に映る自分の姿を見直した。

前髪を払って流してみたり、シャツの襟を直したり、ボタンを無駄に一つ多く外したりした。

「何やってんだ…俺」

自嘲した笑いに任せて歩みを進めた。

あの…ぼろぼろの

バス停へ。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です