6

バス停がゆっくり暗闇に包まれ始めた頃、俺は何だか身体のだるさを感じていた。

風邪とかじゃない…

なんだろう、今まで感じた事のない身体の重さだった。

隣の相葉さんに目をやると、懐かしそうに目を細めて俺に目線を向けていた。

「あ…どうか…しました?」

『和くん…俺ね、君に会えて…実は少し浮かれているよ』

クスッと苦笑いをする相葉さん。

丸眼鏡を中指で押し上げる仕草が何だかたまらなかった。

綺麗な長い指のせいだな…

変な考えを揉消すように頭の中で言い訳してから俯いた。

『あぁ…ごめん、困るよね。…なんて言ったらいいか…えっと…』

「困らないですよ…」

『え?』

「俺は別に困ってなんか居ませんよ?」

相葉さんは一瞬目をパチクリさせて…

それから、クシャっと笑いながら言った。

『そうかい?クフフ…なら、良かった。いや、実はね…和って名前が…俺の大切だった人と同じだったもんだから。思い出してしまって』

俺は寂しげに俯きながら話す相葉さんの言葉を聞き逃せなかった。

過去形になってる…よね?

大切だった…

思い出して…しまって…?

「相葉さんの大切な…人?」

和…

和子とかかな…

和代?

和葉?

和…和…

和って名前の女の子も今なら居なくもないか…

どんな人だろう…

『あぁ…とてもね…大切な人だったんだ』

「…別れちゃったの?」

俺はつい口から言葉を発してしまった。

その時だった。

バスがカーブを曲がり、直線になったあたりでまた昨日のようにハイビームが目に突き刺さってくる。

同じようにして迂闊にも視界を奪われた。

何秒くらいの間かな…

ぎゅっと閉じた目を開いた時には…

やっぱり相葉さんはそこには居なくなっていて…

俺は

身体の重さを

…感じなくなっていた。

投稿者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です