33

マンションに帰り着くと、庵司がそのままハンガーにかかった上等なスーツに着替え始めた。

タイミング良くインターホンが鳴って、燕さんがやって来る。

いつもの診察用の鞄を持っていない。

「燕さん来たよ」

『あぁ…今日はおまえに用があるらしい。』

「え?俺?…庵司、診察は?」

『あぁ…もう大丈夫だ。ちょっと出る。』

「あっ庵司っ!」

俺は何故か大声で庵司の名前を呼んでいた。

どうしてだか、焦っていた気がする。

『るせぇなぁ…デカい声だすなよ』

「ご、ごめん…」

庵司はいつも勝手に出て行く。

人の言う事なんて聞かない。

最近じゃ、浮気三昧だったし、俺に嫌われようとしてるみたいに意地悪だった。

久しぶりのデートだったせいだろうか。

だから、こんな風に調子が狂うのかな…。

玄関のチャイムが鳴り燕さんを迎える。

「雪乃ちゃん、下に車付けてるから」

「ぁ…あのっ!何処、行くんですか?」

「食事だよ。庵司は別件があるからな。またの機会に。さぁ!予約を取ってある。時間だ、急ごう」

俺は燕さんに手を引かれ玄関までやって来る。

「突然ですね…燕さんと食事なんて」

靴を履こうと屈んだ俺の肩に後ろから手が掛かった。

スーツに身を包んだ庵司が俺を引き寄せる。

「どうしたの?」

『似合ってるか?』

胸元から引き離され、上から下までスーツ姿を見定めた。

「ふふ…本当、何着ても似合うんだもん…聞くだけ野暮だよ」

『ハハ、惚れ直した?』

チュッと額にキスされる。

「うん…凄く…素敵だよ」

「雪乃ちゃん…行くよ」

「ぁ…はい。庵司も出掛けるんだよね?じゃ、行ってくるね」

『おぅ…美味いもん食わして貰えよ。じゃあな、雪乃』

「うん、行ってきます」

庵司が軽く手を挙げたのを最後に、マンションを後にした。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です