36

「雪乃ちゃんっ!雪乃ちゃんっ!」

瞼が閉じて真っ暗になる寸前、燕さんが青ざめた顔で俺を呼ぶのが聞こえた。

腕の中は温かくて、フワフワと意識が飛ぶのを感じた。

夢を見た。

庵司と出会った日

庵司が俺の名前を呼んだ瞬間

庵司の髪の色

庵司が吸うタバコの香り

庵司が

少年みたいに笑う顔

悪戯に

悪戯に

俺を苦しめて

どこへ行くんだよ。

甘えん坊で寂しがり屋の庵司。

一人で

どこへ行くんだよ。

鼻先を掠めるコーヒーの香りに瞼がピクリと揺れた。

どうしてだか酷い頭痛で目が覚める。

見た事のない寝室のベッド。

俺はフカフカの布団をめくり、部屋を出た。 

そこは鮮明に見覚えのあるリビング。

温かみのあるブラウンのフローリング、ソファー、テーブル…掛け時計…

倒れる前に否定した光景だ。

カウンターキッチンから燕さんが顔を出す。

「飲むか?」

俺は小さく首を左右に振ってソファーにドサっと身体を沈めた。

コーヒーを片手に隣に座る燕さん。

俺は膝を抱えた。

「飯…食ってる時ですか?」

部屋にある自分の荷物を見つめながら呟いた。

「…あぁ…夜逃げ屋みたいな便利な連中が世の中には居るんだよ。瞬間移動みたいに…全部ゴッソリ…無かった事に出来る」

「俺…戻ります。」

燕さんが傾けていたカップを止めた。

「庵司…まだ怪我治ってないし…俺が居ないとダメなんですよ。掃除も料理も嫌いなんですよ?本当…顔しか取り柄ないんだから…俺が居なくちゃ」

「雪乃ちゃんっ!!」

燕さんの大きな声で肩が飛び上がる。

「な、なんですか…邪魔したって…ダメですよ…俺は…あの人が居たから…だから人生に色がついたんだよっ!」

「雪乃ちゃん、もう…居ないんだ。庵司はもう…」

「居ない?居ないじゃ困るんだよっ!!俺がっ!!俺が今までっ!!どんなに孤独だったか!誰にも何も言えずっ!偽ってっ!偽ってっ!…庵司が居たから…自由になれたんだ。庵司を…愛してるんです…返して…庵司を…お願いですっ!!燕さんっ!!返…してぇ…ぅぐっ…どうしてっ!!どうしてなんだよぉっ!ぅ…ぅゔっ…返してぇ…俺の…俺の庵司」

走馬灯のように

過去が頭の中をグルグル回った。

人に理解されない、人に言えない恋愛対象に苦しみ、自分の事なのに、本当の部分なんて、一つも無かった。何も悪い事をしていないのに、自分を隠す事が当然で、自分は異常者だと思わざるを得なかった。

だけど…庵司は俺を苦しめるくせに、俺に愛する事を教えてくれた。

猫背の寂しそうな背中と、咥えタバコをしながら絡みつく腕…カーテンの隙間から見える月明かりにキラキラ光るブロンドの髪。

海で聞いた

愛してるって呟いた声。

俺は泣き崩れて、燕さんを困らせた。

意識が薄れては、燕さんの膝枕で目を覚ます。

そんな事を繰り返していたら、榊さんが燕さんに手渡していた白い封筒が俺に手渡された。

「これは雪乃ちゃん宛。言われた日数は預かっておくつもりだったんだけど、雪乃ちゃんもう限界だから…」

封筒を持つ手に力が入った。

「じゃ、俺、帰るけど…何かあったら連絡しろよ」

そう言って、燕さんは部屋を静かに出て行った。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です