65

yellow side

翔ちゃんちで勉強会。

その後の帰り道。

ズルいまーくん。

俺、まーくんとあんなエッチな事したのに、まだ慣れない。

突然の顔のアップとか、ギュッてされたりとか、ドキドキしてたまんない…。

みんなそうなのかな…俺、まーくん好きすぎなんだよな、マジで。

帰宅した俺は教科書を机に広げながら溜息をついた。

まーくんも同じくらい好きなら良いなぁ。

俺の事…同じくらい…

「はぁ~ダメだっ!!まーくんがあんな事言うから…勉強集中出来ないっ!!」

“キスしたくなっちゃう”

「バカ…」

コロンとベッドに転がって、制服のベルトを緩めた。

中に手を入れて、少し固くなっていた熱に指を絡める。

「んっ…っはぁ…」

まーくんの手を思い出す。

指が長くて、熱い手のひら。

どうしよう…止まんない…

上下させる手に力がこもる。

息が乱れて、後ろが疼いていた。

あの綺麗な体が俺を貫いて揺さぶりながら、うっとりした顔をするもんだからいけない。

イキそうになると、激しく腰を打ち付けて、奥にゴリゴリ当てられて…

唇を塞がれて、舌が俺のと絡み合って…

「ハァッ…ハァッ…んぅっ…っ!!っふぅっ!ぁっ…ハァ…ハァ…」

下着から手を引き摺り出す。

ベタベタと指の間にまで絡んだ迸りを見つめる。

「エッチ…したいな…」

俺は指をネチャネチャとくっつけて、糸を引く様をうっとり見つめ、息遣いが落ち着いたらベッドから立ち上がり、洗面所で手を洗った。

ぐるぐる渦を巻きながら流れる欲望を見下ろしながら、早く大人になりたいって思った。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です