42

雪乃が帰宅して、一緒に夕飯を食べた。

少し前にも出した料理だったけど、雪乃は喜んで食べてくれる。

何をしていても、雪乃を見ているだけで満たされるようだった。

運命の人が居るなら、きっと間違いなくこの人に違いない。

俺はどうしょうもないロマンチストな考えに自嘲して、それでも満足な自分を誤魔化せないでいた。

玄関での行ってきますのキスが自然と深くなる。

舌先を絡めると、雪乃は甘い吐息を吐いて立っていられなくなる。

腰を抱いて引き上げ、耳に甘噛みしながら囁いた。

『行く前に誘っちゃダメだよ』

「圭介…さんっ」

『行ってくるね…』

ギュッと胸元に顔を埋める雪乃。

俺はそっと首筋に唇を当て、キツく皮膚を吸い上げた。

「んぅっ…」

『寂しくないよ…眠ったらすぐ会えるから。』

白い肌に赤い跡を付けて、それを指先で撫でた。

雪乃はその指を掴み、ゆっくり口に含む。

クチュッと音をさせ、根元近くまで口に含み俺を見上げる。

下半身にダイレクトに仕返しを食らって俺は生唾を飲み込んだ。

雪乃はチュッと俺の指を唇で扱きながら引き抜くと、悪戯な目をして、囁いた。

「早く…帰ってね」

熱に浮かされたような俺は、雪乃をキツく抱きしめて黙って玄関を飛び出した。

いつからあんな顔で俺を誘うようになったんだろう。

一日中でも見張ってないと心配になる様な…そんな魅力の塊で俺を翻弄する。

深い深呼吸は、冷たい空気が身体を冷やして甘い溜息に変えた。

その足であのアンティークな造りの宝石商を訪れる。

中はやはり無人で、そこに居たのは髪がブロンドの変わらぬ姿の女性店員だった。

「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。」

店員はまた同じように手のひらをカウンターの椅子に向ける。

時間を気にしながらも、俺は椅子に掛けた。

「こちらでよろしかったでしょうか。」

リングケースが開いた状態で突き出される。

俺は顔を近づけて、指輪を手に取った。

内側にきっちり三人のイニシャルが刻まれている。

『確かに。急いで頂いてありがとうございます。助かりました。』

申し訳なさそうに笑顔を作ると、無表情の女性はジッと俺を見て言った。

「どうぞ末長くお幸せに。宜しくお願いしますね」

俺は彼女を見つめ返した。

『宜しく…お願いします?』

「……私が刻印した大切な指輪の話です。何か?」

『あ、いや…すみません。大切にします。本当、ありがとうございました。』

俺はリングケースをコートのポケットにしまって、カウンターの椅子から立ち上がった。

女性は薄っすら微笑んで

「…お元気で」

と呟いた。

俺はどうしてだか、女性に向かって、手を差し出した。

『あなたも…お元気で』

女性は俺の手に触れ、冷たい握手を交わすと、また無表情になって、ルーペを手に宝石を鑑定し始めた。

ソッと店を出ると、灰色の空からはシンシンと雪が降り始めた。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です