39

「まーくん…」

『…どうして…震えてるの?馴れてるだろ?』

まーくんが優しく肌を撫でる。

「意地悪言うんだな…俺、本当に…嬉しくて…」

『ごめん…そんな風に…言ってくれるなんて』

覆い被さるまーくんの体温が堪らなく俺を興奮させる。

耳たぶを甘く噛んで、耳の中にクチュッと熱い舌が差し込まれた。

「はぁっ…」

クチュ クチュっといやらしい音が下半身を刺激する。

「まぁ…くんっ…ゃ…ぁっ」

『可愛い…感じる?』

めちゃくちゃに…激しく俺を抱くまーくんを知っている。

決まって俺が浮気をした時だ。

こんな風に焦らされるのは、想定外。

耳からツーっと首筋に舌が這う。

温かくてゾクゾクする。

鎖骨まで来た舌先が骨を確かめるように、ピチャピチャ舐め、カリッと甘噛みされる。

「んぅっ…」

まーくんの指先が、俺の胸の尖りを撫で始めた。

舌先はゆっくり鎖骨や肩を舐めたり噛んだりするくせに、指先は器用にその尖りを弄ぶ。

キュッと摘まれたかと思えば、円を書くように撫で回され、油断するとカリっと爪で小刻みに引っ掻かれた。

「まぁ…くんっ…気持ち…いぃ…ダメ…」

『ダメじゃない…』

まーくんは胸への愛撫をやめない。

変わりに唇を塞がれ甘い舌が俺の舌を絡めとる。

「んぅっ…ふぅ…んっ…」

少し離れた顔が微笑む。

『ニノ…好き…ずっと…あの頃から…ずっと好き』

俺は高校の卒業式を思い出して、また涙が込み上げた。

まーくんの必死の形相。

俺の第二ボタンを欲しがったっけ…。

まーくんの誠実さとか、優しさが身体に溶けてくる。

苦しくて、愛しくて、俺はギュッと引き寄せた。

まーくんの耳元で囁く。

「まーくんが好き…まーくん…好きだよ」

『夢でも見てるみたい』

フフッと笑うまーくんが可愛くてもっと抱きついた。

そうしたら、下半身の互いの熱が擦れ合う。

張り裂けそうに盛った熱をグッと押しつけた。

「まーくん…したい」

俺はまーくんをベッドに座らせ四つん這いになり長い足の間に体を埋めた。

ベルトを抜いたジーンズを下げると、カチカチに立ち上がった熱が現れる。

先端に舌を這わすと、我慢汁が溢れていてまーくんの味が口内に広がった。

顔を傾け、裏筋を掬うように根元から先端に舌を絡ますように舐めあげる。

我慢出来ず自分の股間を弄りながら…。

『ニノ…自分でしちゃダメ。』

まーくんに両手首を引かれ、口だけでまーくんを奉仕する事になる。

ジンジンと自分の熱が熱く固くなる。

グチュグチュと口を上下にまーくんの熱を味わう。

ずっとこうしたかった。

この人のモノで満たされたかった。

その想いが昂る。

そんな中、まーくんが俺の熱に触れた。

「んぅっっ!!…っはぁっ!あっ!」

『ちゃんと…咥えて』

「んむっ!…フゥッ…んっんぅ…」

まーくんに頭を押さえられ、股間を扱かれクラクラする。

口の端からよだれが沢山流れて、息が乱れる。

『っ…出そう…ニノ…』

頭を離され、頰を撫でながらまーくんが呟いた。

『イキそう』

俺は潤んだ目で返事を返す。

「頂戴…飲みたい…口に出して」

『…俺以外にそんな事言ったら許さないからね』

まーくんは息を荒げて俺の後頭部を両手で掴み乱暴な勢いで口を犯した。

喉の奥に当たる。

『喉、もっと締めて』

まーくんが突いてくる口内の奥で白濁が流れ込んだ。

ジュワっと次第に口内を満たす。

俺はゴクンゴクンと喉仏を揺らした。

『はぁ…はぁ…っ…何て顔してんの』

俺はまーくんのを飲み干しながら、満たされた恍惚とした表情をしていたに違いない。

あんまりに幸せで頭がおかしくなりそうだった。

終わりにしようと言われた響きや、事故に巻き込まれたと聞いた背筋の寒さを思えば思うほど、まーくんの精液はあんまりに甘い蜜だった。

「だって…全部俺のだもん」

俺の呟きにまーくんがキュッと唇を噛み締め結んだ。

『酷くされたいのかよ…』

くそっと小さく呟いたまーくんは俺を押し倒して足を大きく開かせた。

天を突く熱棒を咥え込まれ、声が漏れる。

「ンゥッ…ぁっあぁっ!ダメ!…すっ…ごぃ…やぁ…まぁっくん!」

下腹部でグチュグチュといやらしい音が鳴り響く。

まーくんの唾液と俺の興奮して垂れ流している汁が混ざり合っているんだ。

「イッイクッ!」

あっという間に持っていかれてしまった。

まーくんは口の周りをペロリと舐め、俺に覆い被さる。

『ニノの…美味しい。』

「まーくんッ!」

フフっと悪戯っ子みたいに笑って、俺の足を持ち上げると言った。

『足、自分で抱えて』

「…いつからそんなスケベになったんだよ」

睨みつけながら自分で膝裏を抱え足を開いた。

『男はいつだって好きな人の前じゃスケベだよ…後ろ…しっかり解さなきゃ…久しぶりだから切れちゃうでしょ』

チュッとキスされ、まーくんは開いた足の間にうずくまると、いつの間にか用意したローションを塗り指を使ってそこを解し始めた。

「ぁ…ぅゔっ」

『痛い?キツイね…本当に浮気してないんだ』

「してっないっ!酷っいよっ!」

『ごめん、ごめん…嬉しくて…』

そう言いながら、指の数が増える。

「んぅっ…ぁあっ!」

『気持ちいい?…可愛ぃ…指、ぐいぐい吸い付いてくるよ。俺の挿れたらどうなんのかな』

まーくんの言葉攻めにキュウっと中が締まる。

「まーくん…もぅ…」

まーくんの指を咥え込んだまま身を捩る。

まーくんが欲しい。

まーくんと繋がりたい。

もう…我慢出来ないよ。

「お願…ぃ…早…く…」

『あんまり俺を…煽らないでよ』

「いいんだ…まーくんに…めちゃくちゃにされたい」

ハッとしたまーくんの顔を最後に…理性を失った彼が現れた。

乱暴に足を抱え上げ、十分に愛撫で解されたソコに杭を打ち込まれる。

「ぅゔぁっ!!ぁっぁあっ!はぁっ!んっ!んっ!ぁあッ!っ!」

『くっ!ニノっ…っぁあ…ハァッ…ハァッ』

折り畳まれた身体が激しく揺れて、数ヶ月離れていた事を後悔し合うように混ざり合った。

溶けるんじゃないか…このまま…

何度も痙攣し、中イキを繰り返し、頭が真っ白になって、意識が飛ぶ。

快感の波が怖い…溺れてしまう。

息が出来ない。

イキ狂う。

何も分からなくなる。

ただ、爪を立てた肩の逞しさと、痛みと快楽に溺れた彼の表情を最後に

画面は白くなり…やがて闇になった。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です