18

明け方近く、燕さんはやっぱりうなされた。

だけど、汗をかきながら、飛び起きる事はなかった。

ゆっくり目を開いて、腕に俺を抱き明け方から

セックスをした。

何度も何度も俺の中をいっぱいにして、小さな声で呟いた。

「孕めばいいのに…」

俺はその時初めて、自分が男である事を悔しいと感じた。

燕さんは、温かい家庭に憧れた冷たい感情を背負わされた被害者。

俺と何も変わらない。

重なる感情。

朝食を頼んで、二人、ベッドで食事した。

「次は天馬の話を聞かないとな」

あったかい焼き立てのパンにバターを塗りながら呟く燕さん。

俺は俯いてパンを齧った。

クシャッと髪を撫でられる。

「話すのが嫌か?だったら俺は何も聞かないよ。」

優しくそう呟くと、また寂しい顔が見える気がして、俺は彼の腕を掴んだ。

ビックリした顔をする燕さんは、クスっと笑い、黙ってコーヒーを口にした。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です