21

俺は広いバルコニーに出た。

「さっむぅー!!」

後ろから彼がついてくる。

俺はクルッと振り返りニッコリ笑った。

「俺…さくら荘…嫌いじゃないんだ…。」

「天…」

「雨降ったら湿気で畳が一階に落ちそうだし…風がきつい日は流しの上の窓がガタガタ鳴りっぱなしだし…」

燕さんはゆっくり俺を抱きしめて、髪に口づけた。

「天馬…俺を泣かせたいのか?」

「え?」

「良い返事だけが欲しいんだ。おまえに関しては…特に歯止めが効きそうに無い。」

「選び放題のくせに…」

「俺は一途だぜ?」

「ハハ…嘘っぽい」

“絶対”なんてない事を知っている二人が…

お互いを汚い手で探り合う。

「首輪でもつけるか?」

栗色の髪の隙間から見える瞳を見上げる。

それから、一息吸って言葉を紡いだ。

「俺は…燕さんを…誰にも渡したくないと思ってる。…あんたが俺を裏切ろうとしたら、俺…あんたを殺しちゃうかも知れないよ?」

燕さんは驚いた顔をする。

こんな事言われたら、きっと不安だろ?怖いじゃん。だからきっと、笑い話をしながら俺を送り返すに決まってる。

だってそうしないと…

マジで怖い。

今この温かい手が、いつか俺以外を抱くなんて…

きっと本当に

……許せないから。

著者

ninon

オリジナルの小説を書いていきます。 嵐さんの大ファンです。 黄色を愛でる幸せに生きています。 二宮和也Addiction... どうぞよろしくお願いいたします。 尚、このブログ作品はフィクションであり、実在する人物、団体等とは一切関係ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です